日常 -

メダカと底面掃除

今日もご訪問ありがとうございます、いぶきです。

指宿は快晴、幹之たちの産卵も絶好調です!

 

 

 

 

そんなメダカ日和の今日、いぶきでは明日の選別に向けて、底面掃除を行いました。

底面掃除とは、読んで字のごとく、『底面を掃除する』ことなのですが、選別前には結構重要な作業だったりします。

メダカを飼育しているとフンや食べ残しなどが底面に堆積してきます。

日々の飼育の中で、この堆積物が悪さをするということはあまりないのですが、選別のために網を入れて飼育水が混ぜられると、ちょっとまずいことになるときがあります。

それは、水が混ぜられることによって、この堆積物の中に普段は封印されている寄生虫や細菌が、水中に現れてメダカにくっつき、悪さをするためなんです。

そこで、行うのが底面掃除!!

底面の堆積物をあらかじめ排出し、キレイな環境に整えてから網を入れます

このように、サイフォンの原理を利用して・・・(以下略)

 

 

 

明日選別予定の20タンクほど、頑張って終わらせました。腰が痛い・・・

分かりづらいですが、かなりキレイになってます。

明日は、選別風景をお届けしたいと思ってます、それでは!

 


タグ