日常 -

『 Le mariage 』



本日もご訪問ありがとうございます、いぶきです。





店舗へご来店頂いたお客様、ありがとうございました。

 

 

東京オリンピック、7/26日終了時点で金メダルの数は、全体のトップだとか。

 

 

日本のお家芸が序盤に固まっているということもありますが、嬉しいニュースです。

 

 

筆者は、以前長距離ランナーだったということもあり、キプチョゲ選手の2時間切りとオリンピック二連覇にかなり注目しつつ、大迫傑選手がどこまでスピードレースについてゆけるのか、日本記録の更新はあるのか、日本初の3分台突入はなるのか・・・等々、気になるところです。

 

 

 

8月8日(日)が楽しみでなりません。

 

 

あとは、ナイキが趨勢を占めるシューズ戦線、アシックスの新厚底シューズの出番はあるのかという、選手の足元も気になるアシックス党の筆者でございます。

 

 

さて、雑談が長くなってしまいました。

 

本題は『 Le  mariage 』

 

 

巷で大人気のメダカ、マリアージュです。

 

マリアージュ(mariage)【仏】

 


1 結婚。婚姻。婚礼。



2 飲み物と料理の組み合わせが良いこと。特に、ワインと料理の組み合わせについていう。

 

(引用:大辞泉)

 

 

 

マリアージュというメダカ、かの有名なメダカ作り手、垂水政治様によって世に送り出されたロングフィン形質をもつメダカです。

 

 

鱗光ロングフィンとモルフォの交配によって作出されました。

 

 

マリアージュの命名秘話が岡崎葵メダカ様のブログに掲載されておりますので、そちらから引用させて頂きました。

 

「鱗光ロングフィン✖️モルフォ」の品種名が、「マリアージュロングフィン」に決定しました。


 
 マリアージュとは、ベストマッチの意味があり、「鱗光ロングフィン」とazuma メダカの田中さん作成の「モルフォ」との相性が、大変良く、面白いヒレの変化をもたらしてくれたことから命名しました。

 

 


 
 いつも思いますが、夜桜・女雛・煌・鱗光・ブロンズ・マリアージュ・・・命名のセンスが際立っておられます。

 

 

 

マリアージュの美しさは以下の画像をご覧頂ければ、自ずとお分り頂けるかと。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それではまた!今日は早く帰って炭酸水飲みながら女子ソフトの応援します。


タグ